Podeaが仲間入りしました〜!

こんにちは!
ずっとほしかったレーザー加工機をついに手に入れてほくほくの立花舞です!

東京分室の新しい仲間に選ばれたレーザー加工機は「Podea-01(Type-G)」
Podea株式会社が販売している半導体レーザー加工機です。

 

 

東京分室では、アップグレードも視野に入れて2W基本モデルを導入しました。

とりあえず設置!

Podeaはほとんど組み立てられた状態で届くので、設置作業は簡単でした!

やらなければいけないとこはたった3つ

  1. 開梱
  2. 取っ手の取り付け
  3. ダクトアダプタの取り付け

これで完了です!

 

東京分室の特等席に設置しました👍

アルミフレームがしゃきっとしててかっこいいですね!

 

ダクトはこんな感じ。

洗濯機の排水ホースを繋げて、使用時は窓の外に排気するようにしました。

 

決め手のひとつのハニカムテーブル!いい感じです。

 

PCのセットアップ

私は普段iMacを使用しているため、Podeaは「Mac+仮想環境Windows(VirtualBox)」で使用できるようにセットアップしました。

おおまかな手順は以下

  1. MacにVirtualBoxをインストール
  2. VirtualBoxにWindows10をインストール
  3. Windows10にPodeaソフトウェアをインストール
  4. MacのIllustratorからWindows10のPodeaソフトウェアにデータ転送ができるように設定

覚書もかねてそれぞれの手順について説明していきます。

1.MacにVirtualBoxをインストール

まずはVirtualBoxをインストールします。

URLは以下

 

「OS X hosts」をクリックしてファイルをダウンロードします。

 

ファイルの中にある「VirtualBox.pkg」をダブルクリックして、手順に従ってインストールします。

 

アプリケーションの一覧にVirtualBoxが追加されました!

2.VirtualBoxにWindows10をインストール

インストールしたVirtualBoxにWindows10をインストールしましょう!

Windows10はこちらと同じものをamazonで購入しました。

 

次に下記URLにアクセスして、ISOイメージファイルを作成します。

 

エディションは「Windows10」で確認を押すと言語の選択がでてくるので「日本語」で確認を押します。

 

購入時に発行されるプロダクトキーを入力して、「64-bitダウンロード」でファイルをダウンロードします。

その後の手順は下記サイトを参考にさせていただきました!

 

これでWindows10のインストール完了です。

3.Windows10にPodeaソフトウェアをインストール

VirtualBoxのWindows10からPodea購入時に通知されるURLにアクセスしてPodeaソフトウェアをインストールします。

Podea_Setupをダブルクリックするとインストールが始まります。

 

インストールできました!

 

4.MacのIllustratorからWindows10のPodeaソフトウェアにデータ転送ができるように設定

最後に、MacのIllustratorとPodeaソフトウェアを繋ぐ設定をします。

 

まず、MacとWindowsの架け橋となる「共有フォルダ」を作成します。

Macの任意の場所(今回はdesktop)にフォルダを新規作成します。

私は「podea_link」というフォルダ名にしました。

 

VirtualBoxマネージャーの「設定」から「共有フォルダー」を選択して、

 

 

右端のフォルダに+がついているアイコンをクリックして新規作成します。

 

さきほどMacのdesktopに作成したフォルダを選択して、「自動マウント」「永続化する」にチェックを入れたらOKで共有フォルダを作成できます。

 

作成したらVirtualBoxからWindowsを開いて共有フォルダが追加されているか確認してみましょう!(すでにWindowsを開いていた場合は再起動しましょう)

 

追加されていますね!

次にPodeaソフトウェアのファイル>インストールから「Mac’s Illustrator Plugin」を選択します。

 

「Mac側共有パス」と「Windows側共有パス」を入力して生成ボタンを押すと、共有フォルダにプラグインが生成されます。

 

Macからフォルダpodea_linkの中を確認しましょう。

「Podea_Plugin.js」というファイルがあるはずです。

 

このファイルをMacのIllustratorのスクリプトフォルダに移動します。

スクリプトフォルダの場所は以下。(Illustratorのバージョンなどにより異なる可能性があります)

/Applications/Adobe Illustrator CC 2017/Presets.localized/ja_JP/スクリプト

 

これで準備完了です!

 

Illustratorで適当なパスを作成して選択します。

その後、ファイル>スクリプトから「Podea_Plugin」を選択!

 

自動的にWindowsのPodeaソフトウェアにパスが転送されるはずです。

 

これでPC側のセットアップは完了です!おつかれさまでした〜😊!

 

快適レーザー加工機ライフ!

全部の準備が終わったら、快適レーザー加工機ライフの始まりです!

私も早速テストデータを印刷してみましたが、とてもいい感じでした!

うれしい〜〜!

 

クッキーに彫刻もしてみました!

キャラメリゼしたような香ばしいかおりが…

文字も視認できる精度で印刷してくれました!

(東京分室メンバーでおいしくいただきました)

 

今後はアップグレードも視野にいれつつ、大切にがしがし使っていこうと思います!