ビットコインキャッシュの受け取り方

こんにちは。
年内にジャーナル論文を書き上げなくてはならない西田です(焦)

と言いつつ、今日は全然何にも関係ない話を書きます。

ビットコイン、という話題がずーっとやってますね。
上がるだの、下がるだのという話はさておいて、夏にハードフォークしたビットコインキャッシュが今日のメインです。

ペーパーウォレット

マウントゴックス事件からこっち、『ビットコインを使わないのに、取引所(オンライン)に預けて置くのは、万が一がありそうで怖い!』と感じている人も多いはず。
(現在の取引所は保険がかかっているものもあるので、全部が全部、必ずしも危ないわけではありません。)

そこで、頻繁な取引をしない場合に安全なのが、オフラインのコールドウォレットにビットコインを移しておいて、いつの日か値上がりするのを待つというスタイルですね。

コールドウォレットの種類にはいくつかありますが、今日はコールドウォレット選びの話ではないので割愛します。

「いんたーねっと」、「はーどうぇあ」の永続性・安定性をかなり信用していない僕は、コールドウォレットのうちでもっともアナクロな方法のペーパーウォレットを選択し、極少額のビットコインを入れていました。

ビットコインキャッシュ

月日は経ち、2017年夏、ビットコインはハードフォークし、ビットコインキャッシュが生まれました。ビットコインをコールドウォレットでも保持していた人には同数のビットコインキャッシュが与えられるとのことでした。今日は、ほったらかしにしてあったペーパーウォレットから、ビットコインとビットコインキャッシュ(名前は似てるけどまったく別物の仮想通貨)を引き出す方法についてまとめます。

ビットコインキャッシュの受け取り方

受け取る前の作業と、受け取るための作業の2段階があるので、順に説明します。
(あんまり日本語の情報がないので、備忘録としてもまとめます)

元々のBTCを移す

  1. https://www.bitaddress.org/ で新しいペーパーウォレットを作成し、印刷する
  2. スマホ・PCに blockchain.info アプリをインストールする(アプリの方がQRコード読み取りがしやすい)
  3. 新しいペーパーウォレットの『公開鍵』を blockchain.info アプリにインポートする
  4. 元々のペーパーウォレットのすべてのビットコインを新しいペーパーウォレットに送金する
  5. 元々のペーパーウォレットのすべてのビットコインを新しいペーパーウォレットに送金する
  6. 1時間くらい待つ(僕は実際にはトラフィックが混んでて、7時間かかったorz)と、 blockchain.info アプリで送金されたことがわかる

ビットコインキャッシュを受け取る

  1. 元々のペーパーウォレットには実は、ビットコインキャッシュが残っている状態なのです
  2. Electron Cash をインストールする( http://www.electroncash.org/ )
  3. Electron Cash を起動し、 tools > network をたどって、”select server automatically” のチェックを外し、( electroncash.cashiria.com )を選択しておく。この作業では、ビットコインキャッシュのブロックチェーンのサーバを指定しています
  4. Electron Cash アプリで、Wallet > Private Keys > Sweep をたどり、上のボックスに、元々のペーパーウォレットの『秘密鍵』を入力する。アドレスボックスには Electron Cash のウォレットアドレスが入っています
  5. スイープ作業の次の画面で、” Broadcast “ をクリックすると、BCHのトランザクションに反映されます
  6. これで、Electron Cash のウォレットから、どこへでも対応取引所やウォレットに送信することできます

さいごに

これで受け取っていなかったBCHをゲットすることができました。
このあとで、仮想通貨を現金化して口座に入れれば、乱高下するジェットコースターの仮想通貨から降りることができます!

気になっていたビットコインキャッシュを処分して、スッキリできました☆
では、このへんでー。

Follow me!