システムインテグレートサービス

ロボット労働力で生産性向上を実現する

企業にとって人手不足の時代にあっても、採用難や人件費高騰問題を解決し、事業継続性を維持し、事業成長の機会を見い出すことが必要とされています。

また、人手作業のあり方を考え直し、働き方をテクノロジーで変えていくという”働き方改革”への取り組みは、新卒採用や顧客開拓のための企業のブランディングとして当たり前のものとなりました。

サービスの特徴

要件定義から伴走

チトセロボティクスのシステムインテグレートは、自動化したい案件の定義から始まります。

初めてロボット導入される企業の方と、順を追ってロボットをどのように使用していくかを伴走しながら考えます。

ロボットでできること、現場の作業者がやったほうがよいことなど、経験豊富なエンジニアがご提案いたします。

試験環境で動作改善

ロボットソリューションは1台だけでは事業全体の効率アップを実現することはできません。

複数の現場にロボットが導入されることで企業の事業運営効率の向上、現場の生産性の向上を図ることが可能になります。

これから導入展開していく現場を想定し、試験環境を用意して実機シミュレーションを徹底します。

マネジメント担当者や現場作業者をお呼びし、実際の動きを見ながら改善していきます。

運用まで一気通貫でサポート

ロボットソリューションが価値を発揮するのは、現場で動き始めてからです。

ロボットは複雑な機械であるがゆえに、運用においてエラーで止まったり、ときにはロボットハンドなどのハードウェアが壊れたりします。

そんなとき多くの現場で、労働力インフラとして稼働し、
スムーズに運用・管理できるように運用まで一気通貫のサポートをチトセロボティクスは提供しています。

導入・量産までの流れ(例)

初回ヒアリング(1時間程度)

7

コンサルティングご契約

7

現場視察・ヒアリング

ロボット導入においては、どのロボットを使うかよりも、いかにロボットを活用するかが大切です。
プロジェクトは、ロボットで置き換えたい業務プロセスを視察することから始まります。

7

要件定義・プランニング

ロボット運用が初めての企業でも安心していただけるよう、双方向のコミュニケーションを通じて疑問を解消しながら、
ロボット導入のための要件を定義し、プランニングします。

7

動作試験(当社ロボットセンターにて実施)

7

実地試験(お客様環境にて実施)

7

量産仕様決定・仕様書作成

経験豊富なエンジニアがロボットシステムをカスタマイズし、量産に必要なシステムを設計します。

7

ライセンス契約

7

導入・展開

7

継続運用

ロボットは導入して終わり、ではありません。運用していくなかで、設備としての真価が問われます。

システムインテグレートサービスについてのお問い合わせ

要件のヒアリングののち、技術検証・提案書作成をすすめます。

まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。